FXレバレッジとは?

FXで大きく勝つために欠かせないのがレバレッジの存在。レバレッジをきかせる事で少ない元手で大きなお金を動かせるようになります。簡単に説明すると、レバレッジとはリスクを負う代わりに証拠金を増やす事です。

例えば、証券会社に10万円の証拠金があったとしましょう。本来であれば、10万円分しか買うことが出来ません。しかし、レバレッジをきかせるとこの10万円でレバレッジ倍数の金額取引をする事が出来るようになります。

仮にレバレッジを10倍にしましょうか。すると「10万円×10倍=100万円」となり、最大100万円分の取引が行えます。1ドル100円だったとすると10万円の資金で1万ドルの外貨を買う事が出来ます。

その後1ドル110円になったところで所有している1万ドルを売ると10万円の利益を手にする事が出来ます。この様に、少ない資金で大きなおかねを動かせるのがレバレッジの特徴です。

レバレッジを効かせることで利益額も大きくなりますが、取引に失敗した際の損失も大きくなる事を忘れてはいけません。上記とは逆のパターンで説明しましょう。条件は同じで10倍のレバレッジをきかせて1万ドル購入したとしましょう。

その後、1ドル90円まで値下がったらどうなるでしょうか。10万円の赤字ですよね。証拠金の10万円が0円になってしまいます。利益も大きくなる代わりに損失も大きくなるのがレバレッジ。

上手に使うことで少ない資産を一気に増やす事も可能ですが、売買に失敗すると一気に手持ちの資産が無くなってしまうのでレバレッジをきかせる時は慎重に行う様にしましょう。

最大レバレッジは証券会社によって異なっています。最近では最大50倍ものレバレッジをきかせられる証券会社もありますので、FX取引に慣れてきたらレバレッジを大きくして1回の取引で大きな利益を目指すのも良いかもしれません。

ただ、初心者の頃はあまりレバレッジを効かせずに堅実な取引を心がけましょう。

▼ FX初心者のための業者選び&比較メニュー

今、みんなが選んでいるFX業者の情報も。FXとは?