FX(外国為替証拠金取引)とは何の略?

FXとは「margin Foreign eXchange trading」の略称です。日本語に訳すと外国為替証拠金取引となります。日本では1998年からスタートしています。昔からあるイメージですが歴史的には新しい投資となっています。

歴史は新しいですが、FXに参入する方はとっても多いです。今ではFX取引を本業としたトレーダーも大勢いますし、FXを始める方も上昇傾向にあります。株式投資と似ていますが、レバレッジの倍率はFXの方が高く何十倍もの取引を行う事が出来るのがFXの特徴です。

FXってリスクあるの?
FXと日本の株式投資を比較した時のリスクですが、これはFXの方が低い様に思います。FXでは外国のお金で資産運用します。日本だといきなり会社が倒産したり銘柄が暴落するといったリスクが高いですが、日本よりも景気の安定している外国為替ではこういったリスクは低いと言えるでしょう。

証拠金取引の"証拠金"って何?
FXをする為には、FX業者の口座にお金を預ける必要があります。このお金の事を証拠金といいます。これを使って取引するので"外国為替証拠金取引"と呼ばれているわけですね。

本来、証拠金は先物取引で使われていた言葉でした。担保の意味があり、預けたお金の範囲で取引できる仕組みとなっています。この証拠金の範囲内での取引が一般的ですが、FXはレバレッジがあるので実際は証拠金以上の金額を動かす事が出来ます。

当然、リスクも高くなりますが上手に運用することで資産の少ない方でも大きな利益を上げられるのもFXの魅力です。

▼ FX初心者のための業者選び&比較メニュー

今、みんなが選んでいるFX業者の情報も。FXとは?