損失の許容範囲が適切なレバレッジ設定の鍵です。

レバレッジの設定についてのいくらぐらいがちょうどいいの?と思っている方もいるでしょう。

レバレッジをどうするかは、どれだけ損失を許容できるかを天秤にかけて決定します。あくまでもどれだけ値動きをするとどれだけの損になるかという、取引数量を中心に考えます。

1円円高になると実際に何円損になるのか→そしてその損失は証拠金にたいしてどれぐらいの影響があるのか→自分にとってその損は許容できる範囲かどうか→予測ではその範囲の値動きは起こりうるかどうか。

という風に、評価していきましょう。これがすべてクリアしているのならそのレバレッジがあなたにとっての最適な数値です。

また、レバレッジの設定については先輩たちの意見も参考にすると良いでしょう。

もちろん通貨にもよりますが、スワップ狙いの長期トレーダーならレバレッジを控えめにして最高でも3倍ぐらいで運用したいところだという意見が多いようです。

▼ FX初心者のための業者選び&比較メニュー

今、みんなが選んでいるFX業者の情報も。FXとは?