相場に合わせて自由に売買を行います。

売りから入るというのは、FXを紹介する記事に必ずといっていいほど出てくる言葉です。

でも、これってFXをやってる人は当たり前に言ってるんですけど、初心者の方にとっては理解が難しいポイントでもあります。

そこで、まず売りと買いという言葉が持つ意味をあらためて見直して行きましょう。

ドル円を買う(ドルを買う)場合は、証拠金を担保に必要な日本円の資金を用意して、その資金でドルを買って決済するまで保有しておくということです。

日本円を借りている状態なので、円の金利を支払う半面ドルの金利がもらえるという状態で、ドル金利から日本円の金利を引くとスワップポイントとなりこれが受け取れます。

逆に、ドル円を売る(ドルを売る)という場合には、証拠金を担保としてドルで日本円を買うことになります。

どちらかというと売るという言葉は、借りるとイメージするとわかりやすいでしょう。

とにかく、証拠金を基にしてどちらの通貨を先に借りる(売る)こともできるのがFXのメリットである売りから入るということになります。

▼ FX初心者のための業者選び&比較メニュー

今、みんなが選んでいるFX業者の情報も。FXとは?