取引コストが少ない

取引コストとは、手数料だけでなくスプレッドもあわせて考えるとよりわかりやすく比較することができます。

スプレッドとは、取引レートの提示額の差のことで売りのあとに買いまたはその逆を行うため、実質的に手数料のようなものとして考えられます。

つまり、実際にFXにかかる取引コストをまとめると【手数料×2+スプレッド】ということです。(手数料は片道ごとに必要です。)

現在FXの取引手数料は無料がスタンダードです。

しかも、ほぼすべての業者が手数料だけでなくスプレッドもかなり狭く(スプレッドは金額の差のことなので、狭い広いと表現します)なっているんですよ。

このページでは、そのなかでも特に有力な業者をご紹介していきます。

経験者が選ぶ手数料無料でスプレッドが狭いFX業者TOP5


【スプレッド人気No1】 DMM FX

低コストを前面に打ち出し、スプレッドで選ばれる業者。2010年FX年間取引高第一位を獲得していて、実際に多くの人がトレードに利用してきたという事実が分かります。低コストでありながら、さらにポイント制度もあり、長く利用できる口座です。



【デイトレで人気】 外為ジャパン

デイトレードで特に人気が高い。低コストなだけでなく、MT4をチャートツールとして使えるなど、テクニカル派には注目の業者。1,000通貨取引も手数料無料で対応しています。携帯・スマートフォン用ツールもありますから、トレードが外出先でもスムーズに行えます。



【ユーロ取引条件No1】 FXトレーディングシステムズ

ユーロ円やユーロドルといった、通常FX業者のスプレッド価格競争の対象とならない通貨の条件が良いのが特徴。ユーロに興味があるならキープしておきたい業者。1,000通貨取引に対応した口座もあり、初心者でも始めやすいのもうれしい。



【ツールが充実&低コスト】 GMOクリック証券

低コスト業者で人気なのはもちろんですが、Android、iPhone対応の専用ツールはもちろん、PC用のものでも、高機能なプラチナチャートや、お手軽なツールバーなどいろいろな種類を取りそろえていますし、スワップポイントも良いのでいろんなトレードで使えます。



【顧客満足度No1】 IGマーケッツ証券

ユーザー満足度の高い業者。顧客満足度FX部門総合第一位を獲得。ロイターニュースに加え、FX・株価指数・商品先物などの数千の銘柄のチャートを分析してくれるトレーディングセントラルという独自の情報ツールもあり。海外で人気のあるツールを提供しているので、気になる存在に。


▼ FX初心者のための業者選び&比較メニュー

今、みんなが選んでいるFX業者の情報も。FXとは?