まずは、ダメな業者を排除することから。

取引業者選びはとても大切ですが、これからやる人は何を基準に選べばいいのかわかりませんよね?

そこで、ここではあえて業者名は出さずに選び方に重点をおいてご案内していきます。

まず、絶対にコレだけは外してはいけないという条件が二つあり、金融庁登録業者であること、信託保全を導入していることです。

金融庁に登録がある業者でなけば、詐欺の可能性が非常に高いです。金融庁の登録があるかどうかは、登録番号を調べると良いでしょう。金融庁の免許・許可・登録等を受けている業者一覧のページと照らし合わせてみるとモアベターです。

信託保全についても絶対条件としたいところです。

信託保全とは、私たちの資金を信託財産として分別して管理することで、業者が倒産したときに債権者の取立てから保護されて、投資資金が戻ってくるという仕組みです。とっても大切な要素ですよ。

業者との一対一の取引となりますから、信頼感があるかどうかは欠かせない条件です。

あとは、自分が望む条件にあった業者を選ぶといいでしょう。

デイトレードをするなら、手数料が安くてスプレッドが狭い業者がいいですし、スワップ狙いならスワップ金利の水準の良いところ資金が少なめなら小額取引ができるかどうか、また一社は為替のニュースやテクニカル分析が優れている取引業者を選んでおきたいものです。

▼ FX初心者のための業者選び&比較メニュー

今、みんなが選んでいるFX業者の情報も。FXとは?