取引の判断をする基準とは何か

取引をするのに必要なのは、どうなったら買うのか、どうなったら売るのかという判断基準を持つことです。

その助けとなるのが、テクニカル分析ファンダメンタル分析です。

それぞれ詳しいことは、テクニカル分析ファンダメンタル分析のページで紹介しますので、ここでは概要と大まかな考え方を紹介します。

テクニカル分析とは、過去の値動きやテクニカル指標と呼ばれる計算に基づいた分析を行う手法です。

ファンダメンタル分析は、政治的・経済的に実際に起きたできことなどを元に判断を行う手法です。

どちらも非常に重要な要素で、このどちらもやらないで取引をするのはただの博打になります。

はじめは、浅く広く知識を身につけていって、経済指標やテクニカル分析の方法がどういう意味を持つものなのかを理解していきましょう。

慣れてくると、あなただけの判断基準が経験に基づいてだんだんと出来上がっていきます。

FXブログなどで、「○○が上向いたから買い」のような発言をしている人がたまにいますが、それが本当に正しいのかを理解していないのに、なんとなく納得して後を追ってしまったりしてしまうことがあります。

ネットで情報を仕入れていく場合は、納得できないものを頼りにしないように注意しましょう。

▼ FX初心者のための業者選び&比較メニュー

今、みんなが選んでいるFX業者の情報も。FXとは?