FXと円高の関係とは?

毎日のニュースで必ず報じられる円高(円安)の話題。FXをやる上において、円高と円安について理解しておく必要があります。何となく分かっているという方もいるでしょうが、これを機に何となくではなくシッカリ理解しておきましょう。

円高
円高とは、円の価値が他の外貨よりも上がっている状態です。通常、米ドルに対して円の価値が上がった時に円高と言われます。例えば、1ドル100円だったのが1ドル90円になった時は円高です。1ドルを買うのに100円必要だったのが90円で良くなるわけですから、円の価値が上がっているのが分かりますよね。

円安
円安とは円の価値が他の外貨よりも下がっている状態です。1ドル100円だったのが1ドル110円になると円安ですね。1ドル買うのに100円でよかったのが110円になるのですから、円の価値が下がっているのが分かります。

ココを覚えよう!〜FXは円高でも円安でも稼げる?〜

FXの特徴は買いポジション、売りポジションのどちらからでも始められるという事。この特徴のお陰で円高円安の影響を受けません。その時の状況に応じた売買手法を取る事で利益を生み出す事が出来るのです。

もし、今が円高傾向だったとしましょう。この円高が長く続かないと予想して高い円を売って安いドルを買っておきましょうか。予想通り、円安の状態になれば米ドルを売る事で出資額よりも大きい円を手元に残す事が出来ますよね。

この逆パターンもあります。円安傾向で円高になると予想した時は米ドルの売りから入ります。その後、円高になった後は売ポジションを買えばその差額が利益になります。買って売るというのが投資の基本なので、売りから入るのは中級者向けの手法とはなりますが、仕組みさえ覚えてしまえば、初心者でも直ぐに出来るのでデモ取引を使って感覚を覚えておくのが良いでしょう。

▼ FX初心者のための業者選び&比較メニュー

今、みんなが選んでいるFX業者の情報も。FXとは?